婚活パーティーで遭遇した珍事件簿

婚活1
私は、いろんな婚活パーティーに参加したことがあるのですが変な婚活パーティーだったなぁと思う事は時々ありました。
婚活アプリもめっちゃ試しているので紹介しているのですが今回はパーティーのお話。
アプリはこっち⇒【発表】Facebookやマッチング婚活アプリランキング
自己紹介タイムで全員と顔合わせして何かしらの会話をしたのに何の印象にも残っていなかった人が席替えタイム4回中3回も同じ人に当たったことがありました。

 

フリータイム以外は席替えで隣に座った人と同じ時間を過ごすスタイルの婚活パーティーで、昼食付だったのですが午前中もほとんど一緒で昼食の席も向かい合わせで後で聞くと彼は「運命だ」と喜んでいたらしいですが私は全くタイプではなく困っていました。一緒に行った女友達ともフリータイムでやっと合流して話したんですが「好みのタイプがいない」とぼやいていました。

 

しかし、私と何度も席替えで会っている彼はイケメンの男友達(サクラでした)と来ていてアプローチに押され最後は何故か私とサクラがカップルになり、私の友達と私を運命の人だと言った彼がカップルになっていました。今思い出しても不思議です。

 

あと30代の頃に10代、20代がメインの婚活パーティーに参加してしまった時があって周りに気を遣わせる結果になったツライ婚活パーティーがあったのですが、カップル発表の時に私の前に座っていたイケメンの男の子がカップルになったので「おめでとう」と声をかけると「あ、これヤラセだから」とクールに言い放たれて驚いていると「それより、お姉さん。僕と遊ばない?」とナンパされたんです。

 

彼は、変わった男の子でそれから何か月かメールをしたり電話で話しているうちにお付き合いする事になりました。10才も年下で引け目を感じましたが、彼は無類の年上好きだったんです。
婚活2
他にも変わった人にはたくさん会いました。婚活パーティーなのに一言も話さない人や、ストーカーされたこともあります。健康サンダルで来ている人は逆に面白かったですね。男女共、サクラも多くても見分ける事は出来なかったです。

まさかあの人がいるなんて、、、

今年の春、友達に誘われて婚活パーティーに参加しました。結婚することが長年の夢であった私は、ひたすら緊張しながらもパーティー会場に足を踏み入れました。その婚活パーティーは女性が席が固定で、男性が20分ごとに順に席を回るスタイルでした。1組、2組、、、と席替えがあり、楽しくおしゃべりをしていましたが、ハプニングが起こったのは4組目の席替えの時のこと。
婚活4
「こんにちはー!」と挨拶し、顔を上げた目の前にいたのは、知り合いのAさんでした。

実はこのAさん、社会人バドミントンサークルでの知り合いなのですが、これまでに何度か私をお食事やドライブに誘ってきていたのでした。しかし、Aさんに興味がなかった私は「彼氏がいるので、、、。」と嘘をついてごまかし、いつもお断りしていました。

まさか、この場でAさんにあってしまうとは!!顔を上げてすぐAさんに、「あれー?彼氏がいるのは嘘!?」と言われ、逃げようがなくなってしまい、「そうです。」と認めざるを得ませんでした。

 

そこからAさん、ここぞとばかりにアピール開始。いつものごまかしができない私はその猛攻にたじろぐしかできませんでした。しかしそこで天の助けが!!隣に座っていた紳士的な男性が、「とりあえず乾杯して、まずは自己紹介しようよ!」と明るく声をかけてくれて、Aさんの攻撃をストップしてくれました。
婚活3
そしてそこからは、和やかにみんなで話すことができました。帰りにAさんが二次会に誘ってきたときも、紳士が「自分たちのグループで二次会行くんだけれど行かない?」と誘ってくれて、Aさんの誘いをスムーズに断ることができました。その後の二次会で紳士は「大変だったね。」と言ってくれて、「もし、今後またあの人がしつこくしてきたら、自分を口実に断っていいよ。」と励ましてくれました。災い転じて福と為す。今では紳士は私のお付き合いしている人です!

結婚相談所のメールボックスはこまめにチエックを。

大手の結婚相談所に30万円ほど払って登録しました。探す相手は少し離れている方が良いと考えて、隣県の相談所に行きました。そして、婚活パーティにも出ましたが、あまりそういうのは自分には向いていないなぁ、と思っているところに、その相談所専用のメールボックスに、一度会ってみたいという、公務員の男性からのメールが有りました。
婚活7
そのサイトでは匿名で顔写真と全身写真の画像を互いにみられるようになっていて、連絡は直接ではなく、専用のメールボックスでやり取りするので、時間のある時に見にいく、感じでした。その男性とはあまり先入観を持たずに会ったほうが早いかな、と考えたので私の家の近所まで来てもらうことになりました。とはいえ、300kmほど離れていましたので、その人はJRとレンタカーで来たのでした。

 

観光名所にドライブして、夜の食事をしましたが、趣味も性格も全く私の好みではなく、話も弾むことなく心のなかでは「ああ無理」と思いましたが、遠くまで来てもらったのに、その日のうちに断るのは失礼かな、とも思いました。
そして何も次の約束もせず、そっけなく別れたのでした。

 

その後、忙しさにかまけてしまったのが、悪かったのですが。

お断りメールを入れようと、メールボックスを見たらその男性から、「今度いついつにまた行きます」とのメールが有りましたが、その日にちはもう過ぎて3日がたっているではありませんか。そして、それだけではありません。その後のメールには、レンタカーの予約をして支払いもしたのに、どうしてくれるんだ、お前なんかこの相談所にいる資格なんてない、だからとっとと出て行け、などの罵詈雑言メールが続いていたのです。

婚活6
「はぁ?」です。こちらの返事も待たずに勝手に予定組んだのを私のせいにするなんて。全くお話になりません。文句を書くのも怖くなって、即刻相談所を退会しました。3ヶ月も立っていなかったと思います。それでも返金は半額以下でした。相談所が仲介しているとはいえ、やはり合うまでの見極めができなかったのが悪いのだと反省はしましたが、なんだか腑に落ちないハプニングでした。